クレジットカードを安全に利用するために

クレジットカードの不正利用を防ぐ

クレジットカードは手元に現金が無くても便利に支払いができますが、その反面もしも不正利用されてしまったら大変なことになります。
カードを安全に使うためにはどういったことを気をつければ良いのか、きちんと知っておくことが大切です。
また毎月のカード明細は必ずチェックし、覚えのない請求があったときは早急に問い合わせましょう。

スキミングにご用心

クレジットカードの犯罪といえば、「スキミング」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。
スキミングとは、磁気データ読み取り機を用いて不正にカードの情報を盗み見る手口です。
盗んだ情報を元に偽造カードを作るなどして、勝手にカードを利用されてしまいます。
この読み取り機はスキマーと言い小さなもので、クレジットカード取扱店の端末やATMなどに細工をして仕掛けていた例があります。
また従業員が裏でスキミングを行っていたというケースもありました。
犯罪者が短時間だけカードを盗み取りスキミングをしてからカードを戻すということもあります。
いずれも元のカード自体は手元にあるので、被害に気付くのが遅れることが多いのです。
スキミングを防ぐには、何よりも信頼のおける店舗でだけ利用するようにすることです。
カード決済の際はなるべく目の前で処理を行ってもらいましょう。

暗証番号はきちんと管理

ICクレジットカードではサインの代わりに暗証番号で支払時の確認をすることもあります。
この暗証番号は他人に知られないようにきちんと管理しなければなりません。
キャッシュカードなどと同じく、誕生日や電話番号、1111や1234などの他人が容易に推測できる番号は避けましょう。
また銀行やカード会社を装った詐欺には気をつける必要があります。
暗証番号をたずねるメールや電話が来ても決して教えてはいけません。

ネットショッピングは暗号化を確認

ネットでの買い物の際にもカード番号の流出には気をつける必要があります。
カード番号を入力する際には、その店舗のサイトがデータの暗号化技術を使用しているか確認しましょう。
ブラウザの上部か下部などにセキュリティマークが表示され、アドレスが「https://」で始まっているかをチェックしましょう。
また、あやしげな店は避けるのは鉄則です。